YOZIGENZ ヨジゲンズ ブログ

いちダンサーとしての感想を書かせていただきます

LINEで送る

さて、ここまでアートファンク大阪の主催者としてツラツラと書かせていただきましたが、ここからは、いちダンサーとしての感想を書かせていただきます。

いやーーーーっ!!
ほんとマジで!
やっべーイベントだった!!笑

今までメッチャ多くの人と繋がりお世話になりながら培った感性でダンサーとして昔から思っていた世界がまさにコレ。

目で見える形にして、やっと皆さんに提示できました!!

障がい者に関わる活動は、去年ぐらいからはSNSにも書くようにしてましたが、文字では伝わっていないと感じてました。
SNSに書くようになってからは、「(社会的に)善い事してて偉いですね。」とか「(ビジネス的に)良いところに目をつけましたね。」とか、なんか色々言われました。
でも僕の行動力の1番の動機はそこじゃなくて、障がいがある人の表現や情熱の可能性を引き出したい!という事。

そこには環境の障害があったと思います。

特に知的障がいのある人のダンスは比べるべきでないという風習はあると思います。
「皆んなで一緒にダンスしてワイワイ楽しい^ ^」もちろんその通り!僕らを動かす根元の根源です。そういった世界があると同時に、別に競い合って勝敗がつく世界もあっても良いんじゃないかとはずっと思ってました。

無い世界を作りたい。

今回の件に限らず僕の性分なんです、もう。既に成り立ってる業界に興味を持てないというか。笑

だから、僕は社会的に善い事をしているつもりもないし隙間ビジネスを狙ってるつもりでもありません。
高橋俊二という人間が見てみたい世界を自分で作って覗いてるだけです。笑

そしたらやっぱり最高に楽しかった!笑
ありがとうー!!

オープンユアマインド

さーて、そんな話の流れで一つだけ宣伝させてください。
僕が主催しているオープンユアマインドというイベントがあります。
次回開催は10/12(土)大阪、芸術創造館。
https://www.facebook.com/events/389739878327937/?ti=icl
精神と肉体さえあれば誰でも出れるイベントで、ダンスイベントのようでそうじゃない。自己表現イベント。

これも僕がまだ見ぬ表現を見たいが為にも続けているイベントです。

人間が出来る動き、出来る表現は、まだ1割も発掘されていないと思ってます。僕が死ぬまでに見れる人間の表現なんて、ごくごく限られた範囲。
だったら人間の表現能力の進化スピードを早めればよい!様々な身体を持った人にダンスが浸透するスピードを早めれば、一生の間に見れるアート表現を増やせれる!!
そういう考えです。

https://yozigenz.com/Event/oymj

人間の進化をスピードアップさせるイベント

オープンユアマインドもアートファンクも僕の中ではベクトルが一緒で、人間の進化をスピードアップさせるイベントだと思ってます。「普通のダンス界」にいる人たちに気付きを与えるイベントだと。
この2イベントの出場者同士の交流があれば更に凄い化学反応が絶対に起こるという自信があります!!

すみません。偉そうな事を連ねましたが、、もちろんイベントが動いているのは僕1人の力ではありません。

アートファンク

アートファンクという物語は兵庫県の加西市という町でHirohiko Abe さんによって生まれ、広島へ広がり菊田 順一 (Junichi Kikuta) さんからのバトンを川村義肢の松田 靖史 (Yasushi Matsuda) さんの協力もあって大阪開催に至り、来年は3〜4都市で開催になると思います。

オープンユアマインド

オープンユアマインドという物語はロシアAndrei LazarevとオランダDrosha Grekhovのエクスペリメンタルな交流から生まれ、今は5カ国にまで広がってます。
今回タットのワークショップと絡めたりシッティング部門を開催した流れは大阪のLOUD MINORITY前田 昌弥 (Masaya Knit Maeda)、東京のARMS川原 元 (Hajime Gengen Kawahara)や四次元生命体、特にSaito Yoshinariとの繋がりがないとありませんでした。
まだまだお世話になった人の名前を挙げていったらキリがありません。

でもまっだまだこれからです!
今まで関わった全ての方に感謝です!!
そしてこれから出会い関わる皆さん、どうぞよろしくお願いします!!
俺、めっちゃ突き進みますよ!!笑

アートファンク大阪実行委員会
日本アダプテッドブレイキン協会
OPEN YOUR MIND 日本担当
ヨジゲンズ
高橋俊二

LINEで送る

関連記事一覧

PAGE TOP